SSブログ

重心を後ろに置く [打撃理論]

バッティングの待ちの姿勢で、あらかじめ重心を後ろに置くという理論がある。

バットをスイングをする際に、ボールに全体重を加えてミートすると打球は遠くへ飛んでいく。
全体重のエネルギーをバットからボールへ伝えるためには、一度エネルギーを体に蓄えなければならない。
その作業が、テイクバックである。

相手投手の投球モーションに合わせて打者は必ずキャッチャー方向に重心を移す。
そして、そこからスイングの始動が始まる。

しかし、構えたときに最初から体重を捕手よりに置いておくことで、テイクバックの作業が必要なくなる。
このバットを構える時点で重心を後ろに置く理論のメリットは、余分な動きをなくすことにある。

余分な動きを削りシンプルにバッティングするということは、体のブレ、目線のブレを抑えることができる。
また、その分ミートの確率も上がる。

これは、重心を後ろに置くことで、ミート・ポイントも後ろになりボールをより長く見ることができるためである。
野球選手で足を高く上げるバッターが多いのは、自分の体重を捕手方向に乗せるという動作をしているである。

コツとしては、頭の位置とキャッチャー方向よりの足の位置を同じ縦ライン上の近くにあれば良い。
もちろん、バッティング・フォームにおいて一番重要なことは、無理のない構えで打席に立つことである。

力んでいては、最大限のパワーを出すことはできない。
少しでも良いので重心を後ろに置いてみることをおすすめする。

このバッティング・フォーム理論をぜひ実践してみてほしい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます