SSブログ

リリースの瞬間に指先に力を入れる [投球理論]

伸びのある直球を投げるためには、よりボールに強い回転を与える必要がある。

回転数の多いストレートは打者の手元でホップするような印象を受ける。
これは、初速と終速のスピードの差が少ない、あるいは通常のピッチャーより終速のスピードがあるためである。

プロ野球選手では阪神の藤川 投手などがキレのある直球を投げる。
150km以上のノビのあるストレートを投げ込めばそう簡単には打てない。

実際にこのような球を投げるための一つの要因は、リリースの瞬間に指先に力を入れることにある。
言い換えれば、リリースの瞬間までは無駄な力を入れないようにする必要がある。

速いボールを投げようとすると、どうしても上体に力みが生じてしまう。
上体に力が入ると、リリースの瞬間までに無駄な力が消費されて、最大現の力をボールに伝えることができない。
よって、リリースの瞬間に指先に力を入れ、上手くボールを切るさえできれば、ノビのある直球を投げることができる。

なるべく投球モーション時は程よく脱力した状態が良い。

練習法としては、何度も投球練習を繰り返して感覚を掴む事が一番なのであるが、投手の肩、野球選手の肩には寿命がある。
できれば、過度の投球練習は避けたい。
ただ、球の切る感覚を掴む練習であれば、軽い投球でも掴むことができる。

その他には握力の強化も有効である。
ハンドグリップや握力を鍛える市販のゴムボール(ゴルフボールくらいの大きさ)を使って握力を強化したい。
また、いかにリラックスしたリズミカルな投球フォームを身につけるかと言うことも大事である。

球のノビがあれば、130km~140kmの球速でも簡単には打たれない。
ぜひ参考にしてみてほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます