SSブログ
トレーニング論 ブログトップ
前の1件 | -

頭で考えてイメージどおりに体を動かす [トレーニング論]

野球が上手くなりたい!、プロ野球選手になって活躍したい!
このサイトにたどり着いた人のほとんどは、
夢や希望を抱いて日夜野球の練習に励んでいる人たちであろう。
ベースボールは体を動かすスポーツとは言えど、頭を使わなくては上達はありえない。
「こんな風に体を動かしたらもっと打球が強く飛ぶ」
「腕をもっとしならせれば、球の伸びがアップする」
など、日々頭を使い体の動きを脳でイメージできるようになれば、
野球の上達スピードは格段と上がるだろう。
頭で考えて、理想のピッチングフォームやバッティングフォームを作り上げる。
これが出来る選手は「センスがある選手」と言えるだろう。
プロ野球選手やメジャーの一流と言われる野球選手は、
ただひたすらに練習したり、もくもくと数だけをこなす練習をしているわけではない。
もちろん、素振りや、シャドーピッチングは量が多いことに越したことはない。
しかし、それにプラスアルファ、「イメージして練習する」ことが大事になってくる。
素振りであれば、ただ闇雲にバットを振るのではなく、マウンドに投手が立っていて、
振りかぶって投げて、どのコースにボールが来るのか、真っ直ぐか変化球か、
など自分なりに想像したりすると効果的である。
また、好きなプロ野球選手のバッティングフォームを参考に真似てみたりなど、
とにかく頭で考えて練習して欲しい。
どんなに素振りを重ねても、変な振り(周りから見ても、とても上手とは言えないバッティングフォーム)では安打を放つ確率は絶対的に下がる。
おすすめの練習法としては鏡で自分のフォームをチェックすることである。
癖はないか、いつも同じコースを振っていないか、などいろいろとチェックしてみて欲しい。
自分の姿を鏡で見るということは非常に重要である。
なおかつ、自分を客観的に見て、悪い癖を修正していくことは野球を上達させる近道となる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の1件 | - トレーニング論 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます