SSブログ

4シーム・ジャイロボールの投げ方 [投球理論]

ジャイロボールという変化球をご存知だろうか?

シンクロ打法、うねり打法などの打撃理論を提唱している手塚一志というスポーツ科学者によって発見された魔球である。
魔球と表現するか、変化球と表現するかは個人に任せるが、通常のストレートのようでそうではない。

これはジャイロ回転と呼ばれる、スパイラル状の回転をするボールである。
この変化球の特徴は初速と終速の差が少なく、打者の手元で伸びたり、手元で落ちたりする。

この違いは、ボールの握りによるもので、4シームジャイロ、2シームジャイロと区別される。
実際のところ4シームジャイロボールは真っすぐにキャッチャーまでは飛んでいかず、やや放物線を描く。

しかし、先ほども述べたように初速と終速の差が少ないために直球よりも球が走っているように錯覚する。
このジャイロボールは、ロッテのサブマリン、渡辺俊介投手が得意としている。
120~130kmのボールでプロ野球の強打者を翻弄できるのは、ジャイロボールを有効的に使っているためである。

ジャイロボール、特に4シームジャイロを投げるコツとして、握りは通常のストレート(4シーム)でサイドスロー投げて見ると良い。

リリース時は手の小指がキャッチャ方向に向いていることが重要である。
文章だけでは少々伝えにくいが、例えばチョップする動作をするときに、相手側に向く手の面があると思うが、その面をキャッチャー方向に向けるのである。

そして、離す瞬間に自分の方向に球を引っかくとスパイラル回転の球が投げられる。
もちろんこれだけでは、ジャイロボールは投げられないが、少しでもジャイロ回転の感覚を掴んでみてほしい。

サイドスローで投げる事を勧めるのは、ジャイロ回転のボールが投げやすいためである。
あとは、ラグビーボールなどを投げてみると、簡単にジャイロ回転を与えられるので、コツを掴む練習になる。

その他に、下半身の使い方や投げ終わりのフィニッシュなども大事なポイントがあるが、ここでは省略する。
しかし、4シーム・ジャイロボールはあくまで変化球の一つとして考え、ストレートやその他の変化球のキレも磨いてこそ、この魔急も生きてくる。

ぜひ参考にしてみて欲しい。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

某ドカタ


Hしてお金もらえるって最高だな!!!!
ぶっちゃけテキトーにやっても月30万越えとか余裕だし(笑)

もう仕事辞めて、これ一本で食ってくわ!!!!(* ̄ー ̄)v
http://9os7j5l.fukushima.coresy.net/9os7j5l/
by 某ドカタ (2011-04-03 03:33) 

ろぶすたー☆


7万もらってホテルでマットプレイしてきたYO!!
ぶっちゃけ上手くないんだけど、そのぎこちなさがむしろ(・∀・)イイ!!

スマタもしてくれけど、途中から普通にち○こ突っ込んでた件wwwww
http://-6trrmf.help.to-hoku.info/-6trrmf/
by ろぶすたー☆ (2011-04-10 09:26) 

お名前(必須)

むか~しから曲がらないスライダー甘いところ投げててもボコボコ打ち取るピッチャーはだいたいコレになってるような記憶
by お名前(必須) (2018-10-07 23:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます